銀器について

シルバーとシルバープレート

英語でシルバーといえば中まで純銀でできているものをいいます。純銀といっても純度はコンチネンタルで800~975(80~97.5%)、イギリスでは925(92.5%)が標準でスターリングシルバーとも呼ばれます。ただし 1697年~1720年の間は950がスタンダードでブリタニアと呼ばれます。アメリカも925です。純度が1000(100%)でないのは純度1000だと柔らかくて実用に適さないためです。

一方 シルバープレートは銅やニッケルシルバーの下地に純度100%の銀をメッキしたものです。

英国銀器の簡単な見分け方

【シルバー(925純銀)】

 ライオンのマークの他に普通は3つのマーク

【シルバープレート(銀めっき)】

 ライオンマークなし、EP あるいはEPNSというマークが入っていることが多い

​上がシルバー、下はシルバープレートです

シルバープレート EPNS

シルバープレートの例、シルバーに刻印されるライオンのマークがありません

シルバープレートは銅やニッケルシルバーの下地に純度100%の銀をメッキしたものです。

​古い時代のシルバープレートは銅板の下地に溶けた銀をかけてプレスして作られていてオールドシェフィールドと呼ばれています。

現在のシルバープレートは19世紀半ばにイギリスのエルキントンが実用化した電気メッキの技法で作られていて下地は古いものは銅もありますがニッケルシルバーが一般的です。ほとんどのシルバープレートの製品にはEPNS(Electro Plated Nickel Silverの略)やEP(Electro Platedの略)といった刻印が見られます。(フランスの有名な銀器メーカー Christofle の製品もシルバープレートです)

* シルバープレートでもBPという表示のあるものはブリタニアメタルという素材が下地です。可愛いティーポットなどでずいぶん安いなと思うとこのブリタニアメタルだったりします。ブリタニアメタルは有毒物質が溶け出す恐れがあるとされ現在では使われていませんので注意が必要です。

Copyright©️2019 London Antique Market All Rights Reserved